Netnavi
食べる 観る 泊まる 遊ぶ 買う 知る 特集 その他
食べる
観る
泊まる
遊ぶ
買う
知る
特集
その他
 Home > 買う > 市場・夜市

城中市場 【ツェンツォンスーチァン】

パワフルな伝統市場

台北駅から徒歩10分の路地に、アジアムードあふれる市場があります。新光三越や電気街、ドラッグストアやコンビニの続く台北駅周辺の都会的な景色が物足りなくなったら、ぜひここへ来てみてください。ハイテクな都市文化とその隙間に網の目のように息づくローカルな伝統文化、これらが入り混じって生み出される台北パワーの魅力に出会えるはずです。■陵街側の入り口は、年季の入ったアーチが目印。そこから北側の武昌街まで細い路地が約150m続いています。道幅は2mほど。まさに裏路地といった雰囲気の狭苦しい道の両端にはビッシリと店が並び、店と店のあいだにぎゅっと詰め込まれた人々が行き交います。客寄せの声と買い物客の熱気で市場の中はパワフルムードです。※■・・・さんずいに元

きれいなお姉さん御用達

平日昼間の市場、きっと元気なおかあちゃんたちが集まっているのだろうと思いきや、意外にもお姉さんたちがたくさんいます。なんといってもここは台北駅のオフィス街エリア。周辺で働くOL さんたちがお昼休みのついでにやって来ている模様です。城中市場は衣料品や装飾品のお店が多く、カットソー、スカート、ワンピースドレス、チャイナ服、下着、アクセサリー、鞄、帽子・・・などなどあらゆるおしゃれアイテムを格安で手に入れることができるのです。特に、取材した時期(7月上旬)は台北全体が夏物バーゲン期間だったため、市場での通常価格からさらに値下げされ、山済み状態の品物がワゴンから溢れんばかり。これだけあるとお気に入りを選び出すのも大変です。思わずじっくり見てしまい時間がどんどん過ぎていきます。洋服やアクセサリーは若い女性向けからマダム向けまで幅広いラインナップ。OL たちがこぞってやって来るのも納得できます。観光客にうれしい中華系の小物やアクセサリー、チャイナドレスのお店も充実しています。

Topへ

効率接客がモットーです

衣料品のバーゲンをやっているお店を見ると、お客さんの群れより高い位置に、売り子さんの姿が・・・。何故?と思い近づいてみると、ワゴンの上に高めの椅子(あるいは脚立)を置いてその上に売り子さんが座っているのです。なるほど・・・これならすべてのお客さんに目が届くし、大声で話せばお客さんとのやりとりもスムーズ!非常に効率的です!店員が客の上から物を言うというのは日本ではほとんどないことですが、この豪快な光景があちこちの店で見られたのでした。

そこに空間があるならば

細い路地を人波かき分け進んでいくとおもむろに出てくるワゴンとおばちゃん。また進むと出てくるワゴンとおばちゃん。また進むと・・・。細くごった返す路地のど真ん中に笑顔で腰を降ろすおばちゃんたち。不思議な光景ですが、この小さなワゴンも立派なお店。市場では定番のドライフルーツ屋さんもあれば、衣料品ストリートに相応しくアイロン屋さんやミシン屋さんもありました。

 

店は入れ替わります

実はこの城中市場、デパートの催事スペースのような仕組みになっています。なので、店が入れ替わる可能性があります。実際、目を付けておいたペンダント、買おうと思って翌日訪れるとそこはすでに別のお店に・・・残念!

お腹がすいたら武昌街の向こうへ

城中市場を出て武昌街を渡るとさらに路地が北側へ続いています。こちらは食べ物ストリート。路地入り口にはフルーツ屋台が並んでいます。夜市やスーパーで買うよりもずっと安く、地元の人はまとめ買い、旅行者は1個からでも買えるのがうれしいですね。試食ができるのもひとつの楽しみ。そして路地を奥へ進んで行くとデザート屋台がいくつか出ています。老舗の豆花(豆腐のプリン)屋さんの周りにはやはり若い女性たちの姿。オフィスに持ち帰ってこれから食後のおやつタイムといったところでしょう。さらに奥はごはんエリアになっていて、屋台や食堂がずらりと並びます。自助餐と呼ばれるバイキング式の食堂では、それぞれの店の前の路地におかずのワゴンを広げています。お昼時なので注文するお客さんもおかずを盛る店員さんも見事な早業。慣れない旅行者はその勢いにちょっとひるんでしまいますが、湯気を立てるたくさんのおかずは本当においしそう!今度はおなかをすかせてチャレンジしたいと思います!

DATA

アクセス MRT(地下鉄)
@淡水線「台大醫院」駅出口1より徒歩10分。
駅を出たら228和平公園の敷地内を横切って衡陽路へ。重慶南路を右折、レストラン「FRIDAY’S」の角を左折して■陵街に入る。しばらく歩くと右手にアーチが出てきます。(■陵街は靴屋街になっています。)
A淡水線・板南線「台北車站」駅出口9より徒歩10分。
駅を出たら「新光三越」の右手の館前路に入り、マクドナルドの角を右折して直進。重慶南路に出たら左折して直進、レストラン「FRIDAY’S」の角を右折して■陵街に入る。(重慶南路は本屋街になっています。)
※■・・・さんずいに元
時間 10:00〜18:00
夜市ではないので、楽しめるのは朝から夕方までになります。

2006年8月22日

 

 

HomeへTopへ
会社案内 | サイトマップ | Privacy Policy |お問合せ | Copyright©TAIWAN INFORMATION SERVICE CO., LTD All rights reserved